パンを美味しくお召し上がり頂くために

日本人がパンを美味しいと感じる味
水分量の多さ、食感、素材の甘味、香りのようです。
天然酵母のパンは時間経過とともに熟成し味や状態が変化していく良さがあります。
ワインやチーズ、味噌や漬物と同じように。
KUKULIのパンは焼き上がりから温度が下がった時に味と食感のベストな状態になるよう作っています。
美味いパンを作るために水分を限界まで増やしていること。
実は水分を増やしたパンを作るのは技術的にむずかしい。
水分を増やさずしっとり感を出すには油脂や添加物に頼るしかありません。
何日放置していてもしっとりしているパンにみられる方法です。
KUKULIのポリシーは添加物は不使用。
水分量は頭と腕と経験で勝負です。
このように作っているパンをご自宅でも美味しくお召し上がり頂きたい!
すぐに食べない量は冷凍保存が一番なのです。
冷蔵よりも冷凍です。
お好みにスライスしてジップロックなどに入れ(冷凍臭対策)てください。
丁寧な人は一枚一枚ラップをする方もいらっしゃるようです。
ざっくりでも大丈夫。
練りこんだパンやサンドイッチ用は自然解凍、
トーストは自然解凍後に軽くオープンで焼いてください。
冷凍保存は2週間が目安です。